Androidアプリ開発環境構築

Androidアプリ開発

初回となる今回はAndroidアプリの開発環境を構築する方法を紹介します。

Android Studio

Androidアプリの開発環境として、紹介するのは「Android Studio(Googleが提供する統合開発環境)」です。
もともと、私は「Eclipse」を使用していたんですが、Googleが「Android Developer Tools in Eclipse(EclipseでAndroidアプリの開発を行うためのプラグイン)」
のサポートを終了することを発表した為「Android Studio」を紹介することにしました。
※Android開発に特化しているため、Eclipseに比べ余分な機能が無い為、早いという利点もあります。

では、まずAndroid Studioをダウンロードしましょう。
こちらのサイト(http://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html)からダウンロードしてください。
Androidアプリ開発環境構築01
(DOWNLOAD ANDROID STUDIO FOR ~(環境によって異なるWindows、Mac等)のリンクをクリックすると
利用規約の画面が表示されるので、内容を確認して同意するにチェックをしてDOWNLOADを行ってください。)
※ファイルが大きい為、ダウンロードには時間がかかります。
※Javaの環境が必要な為、jdkのダウンロードもしておいてください。

ダウンロードが完了したら、ダウンロードしたファイルを実行してください。
あとは、画面にしたがっていけばインストール完了です。

Android Studioを日本語化

Android Studioは全て英語になっています。そこで使いやすいように日本語化する方法を紹介します。
まず、こちらのサイト(https://github.com/yuuna/IDEA_resources_jp)のDownload ZIPというボタンからZIPファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルを解答して[resources_jp.jar]というファイルをAndroid Studioインストールしたフォルダー配下のlib(デフォルト:C:\Program Files\Android\Android Studio\lib)というフォルダーにコピーしてください。
Android Studioを再起動すると日本語化されています。

Android SDKをダウンロード

Androidにはいろいろなバージョンが存在します。そこでバージョンにあった開発する為にバージョンごとの開発環境があります。
自分が開発するバージョンの開発環境をダウンロードしましょう。
メニューのtool配下にあるAndroidのSDK Managerを開いてください。(※SDKが何も無い場合は、Android Studioを開いた時にSDK Managerを開くように促されます。)
対象としたいバージョンを選び、インストールしてください。この時、承認をしていないとインストールされない為、各インストールごとに承認を行ってください。

※仮想デバイスの高速化の為に、HAXMというツールは入れておきましょう。
 (なお、仮想化する際のメモリを考慮してメモリ設定は多めに設定置いた方がいいです。またインストールに失敗した場合は、BIOSの設定でVT-xやVirtualization Technologyの設定を有効にしてみてください。)